天理大學

  1. HOME
  2. エコキャンパスの取り組み

エコキャンパスの取り組み

 2012年4月23日、87回目を數える創立記念日の記念行事がふるさと會館大ホールにおいて行われ、本學が環境保全に配慮した教育?研究を充実し、さらにものを大切にする心の涵養を主な內容とする「天理大學エコキャンパス宣言」を飯降政彥學長が発表した。

 同宣言は、天理教の「この世は神のからだ」という教えに基づき、グローバルな視點で環境問題をとらえ、ローカルな局面で改善策を実施する「グローカル」な視點で環境負荷の低減を図り、循環型社會に適ったエコキャンパス化を推し進めることを目的としたもので、7つの基本方針を策定。

 この方針に基づき、本學は學生や教職員が、継続的に意識して関わっていけるよう、実行委員會が立ち上げられた。

天理大學エコキャンパス宣言

 天理大學は、地球環境問題の重要性を認識し、環境保全に配慮した教育?研究の充実を図るとともに、緑あふれるキャンパス內の自然環境を大切にし、ものを大切にする心の涵養に努めます。また、建學の精神に基づく「貢獻性」、すなわち他者への獻身を行動の指針に掲げ、そのためのひのきしん(建學の精神に根ざすボランティア活動)の実踐を學生と教職員が「一手一つ」になって推進することをめざします。

 環境汚染は人間生活のあらゆる分野に影響を與え、その改善には地域社會を構成するすべての組織や住民が協働して取り組むことが重要です。そこで、「この世は神のからだ」という教えに基づき、天理大學は環境問題をグローバルに考え、ローカルな局面においてその改善策を実施するという「二つ一つ」の視點、すなわち「グローカル」な視點で環境負荷の低減を図り、循環型社會に適った天理大學のエコキャンパス化を推し進めることをここに宣言します。

 本學は、以下の基本方針を実行するため、學生?教職員で構成された実行委員會等を設置し、基本計畫を策定してエコキャンパス化を図ります。

基本方針

1.節水?節電?省エネに努めます。
2.ごみの排出抑制と適切な処理および資源ごみのリサイクル化に努めます。
3.自然的?歴史的景観を活かした環境美化?保全に努めます。
4.環境ボランティア活動の推進に努めます。
5.企業、行政、住民との協働による地域の環境保全に努めます。
6.授業や実習をとおして環境意識の向上に努めます。
7.國內外の環境先進大學との情報交換に努めます。

平成24年4月23日
天理大學長 飯降政彥

取り組み內容

クールビズ?ウォームビズの啓発

省エネルギー周知用のシール 學內の省エネルギー化を推進するため、省エネルギー周知用のシールを作成。冷暖房の設定溫度(夏は28℃以下、冬は19℃以下)を周知するとともに、クールビズ勵行期間を設定するなどの取り組みを行っている。

エコキャップ運動

 身近なところから活動を始める視點から、以前、學生自治會が取り組んでいた「エコキャップリサイクル」を再開する形で「エコキャップ運動」を全學的に行っている。

紙の溶解処理

機密書類を中心とした紙の溶解処理の導入を検討し、株式會社キャンパスサポート天理の協力を得て、年2回程度の回収を行っている。

グリーンカーテンの設置

學生ホール前のグリーンカーテン學生ホール前にプランターを設置し、24株のゴーヤの苗を植え、グリーンカーテンを設置。今後、さらにグリーンカーテンを充実させていく予定。
このページの先頭へ
最新无码国产在线视频