天理大學

  1. HOME
  2. 大學概要
  3. 天理大學について
  4. 天理大學における國際化に関する方針
天理大學について

天理大學における國際化に関する方針

 本學は、1925年の創設以來、外國語教育を通じて豊かな國際感覚を持つ人材育成のために建學の精神に基づいた「宗教性」「國際性」「貢獻性」の3つを重視しながら、教育?研究活動を進めている。特に「國際性」は創立以來、長年に亙って取り組んできたテーマである。
 學內においては、2016年4月、國際交流?協力活動を更に推進するために「國際交流センター」を設置し、本學の國際交流の包括的な企畫立案を行い、事業を展開している。2015年5月には、日本人學生と留學生の交流の場として「インターナショナル?カフェ」(通稱:iCAFé)を開き、日常的な國際交流の場を學內に設けている。また、海外からの留學生をサポートする日本人學生のチューター制度は定著し、毎年開催される2週間の「夏期日本語講座」の受講生を含む約200名の留學生と本學學生との豊かな交流が実現している。
 學外においては、2011年からパリとニューヨークに海外キャンパスを、また2018年からはケルンに本學のサテライトオフィスを設け、これら海外拠點との連攜のもと國際交流事業を展開している。また、現在、世界23ヶ國?地域の46大學2機関と海外協定を結んでおり、「交換留學」や「海外インターンシップ」など、大學として多彩な國際交流プログラムを提供している。
 本學の國際交流?協力活動で特筆すべきは、海外で現地の人びととの協働により支援活動をおこなう「國際參加プロジェクト」である。2001年より継続するこのプロジェクトは、本學の教育の3つの柱、「宗教性」「國際性」「貢獻性」を具現化した活動として高い評価を受けている。
 今後、2025年に迎える本學創立100周年に向けて、従來の國際交流?協力活動を強力に推し進める。更には、スタッフ?ディベロップメント(SD)の一環として、本學及び海外大學?行政機関等が主催する國外での研修プログラム等へ本學教職員を積極的に派遣するとともに、外國人留學生の日本での就職支援、地域住民との交流、企業インターンシップの更なる強化にも努めたい。
 以上の方針により、國際化に関する具體的數値目標を提示して本學の國際化を一層進めていきたい。

創立100周年に向かっての目標

  • 協定校數を100校にする。
  • 派遣留學生數を年間350名(內訳:交換留學150名、認定留學200名)にする。
  • 受入留學生數を年間350名(內訳:學部留學150名、交換留學100名、認定留學100名)にする。
  • 國際寮(混在型學生寄宿舎)を開設する。 
  • 英語による科目を全學部に配置する。
  • 國際交流に関する國內外の研修プログラムに教職員を毎年派遣する。
このページの先頭へ
最新无码国产在线视频